新潟市万代市民会館で開催しているTRPGコンベンション、「BAN-CON」と「ばんぷち」の公式サイトです。

プレイレポート:ソードワールド2.0(GM:NoBuこと稲垣)

先日、「ばんぷち」第3回に参加していただいた皆様、大変ありがとうございました。
おかげ様で、予想を超えたたくさんの方に集まっていただいて、スタッフ一同うれしい悲鳴を上げておりました。
急遽マスターをやってくださった皆さん、運営に協力していただいた皆さん、そして参加してくださった皆さんに、改めて御礼申し上げます。

さて、ソードワールド2.0です。
今回は4人のプレイヤーの方に参加していただきました。
つくづくソードワールド2.0をやって思ったことは、「ああ、なんて楽なんだ」というこの一言につきました。

BAN-CONのときは、SHADOWRUN4版のマスターをやって地獄のような思いをしたのですが、それに比べるとなんと楽なことか! まあ楽しさはまた別の話なんですが、GMの負担が少ない、という意味では、軽くて簡単なシステムというのは良いものだと痛感したしだいです。

今回はドワーフの敵討ちをメインにすえ、邪教に手を染めた領主を倒す、というシナリオをプレイ、プレイヤーの皆さんには、サンプルキャラクターの中から自分のキャラを選んでもらいました。
その結果…
・リルドラケンのグラップラー
・エルフのコンジャラー、スカウト
・人間のファイター、プリースト
・タビットのフェアリーテイマー、バード
・更にNPCでドワーフのシューター、マギテック
という、人間がほとんどいない人種(というか種族)豊かなパーティー編成になりました。

しかし、ソードワールドは怖いですね。
何が怖いって、クリティカルのダメージが青天井って。前作のソードワールドもそうだったらしいのですが、実は2.0になるまで、ソードワールドってあまりやったことが無くて、そのことを知らなかったんですよね。
敵にフェンサーを一人出したのですが、ラストの戦闘でクリティカルを5連発ほど出して、グラップラーのPCが死にかけました。幸いにして(残念ながら?)生死判定成功で無事生き残りましたが。まあ、衝立になるものを持ってこなかったせいで、すべてオープンダイスで判定していた、というのも原因でしょうか(それが一番の理由、という話も)。

まあ、いろんな意味でスリリングなセッションだったのではないか、と。たまには緊張感のあるセッションも、良いものですよね(お前が言うな)。

2008-11-26 : プレイレポート : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

携帯からのアクセスはこちら
QR

検索タグ

BAN-CON、ばんぷち、TRPG、卓上ゲーム、卓ゲ、新潟市、新潟、万代市民会館、青年の家、BANCON、バンコン、ゲーム、青年力、公共事業、コンベンション、手軽、フリー形式

きゃと@管理人

Author:きゃと@管理人
管理人です